OKEIKOして心豊かに☆シンプルライフ

30代主婦、5人家族(夫婦+子供3人)。 東海地方在住。共働きです。育児休暇後、時短勤務で復帰しました! 自分らしいライフスタイルを模索しています。 日々の出来事、学んだこと、感じたことをブログにしています♪

スポンサーリンク

【子育て】子供用にコールマン20Lリュックサックを購入(着画あり)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんばんは!シンプルな暮らしを心掛けている、OKEIKOです。

子供用にリュックサックを購入しましたヽ(^o^)丿

保育園では指定のリュックサックを利用しているので普段利用することはありません。ですが、年長になるとお泊り保育があるのでリュックサックが必要になります。

長女はまだ年中ですが、早めにリュックサックを準備することにしました!
実家へ帰省する時の荷物など一緒の鞄に詰めていましたが、荷物が多くてはみ出ることがありまして…
年末年始のことを考えて早めに購入することにしました~。

長男:コールマン25Lリュックサック

長男が年中の時も同じようにリュックサックを準備しました!

高学年になっても利用できることを考えて、大きめのリュックサックを購入。
年中の時はかなり大きかったリュックサックが、小学3年の今では程よい感じとなりました(^^)

20191103221535

身長137㎝、体重37㎏

なで肩なので、チェストベルトは必需品!

▼同じ柄はなかったのですが、これと同じデザイン。

小学生になるとリュックサックを使用する機会が多くなったので、大きめサイズを選んで良かったと思います。

長女・次女:コールマン20Lリュックサック 

本当は長女の物だけ購入しようと思ったのですが、次女と取り合いになるのが嫌だったのと、お揃いのリュックサックにしたかったので2個同じものを購入しました!

 20191103221332

キャンプマップ柄

サイズ:約28×40×20㎝
重量:約380g
素材:ポリエステル

 

予測通りピンクを選んだのですが、長く使用することを考えて、キャンプマップ柄に誘導しました(笑)

2個とも同じ柄にするか、ネイビードット柄に変えて購入するかギリギリまで本当に悩みました!

最後の決め手はネイビードットのチャック部分とアクセント部分が白くなければ、ネイビードットにしていたと思います!
白いと汚れが目立ちそうだと思ったので、キャンプマップ柄にしました!
子供は汚れた手でガンガン触るので…(汗)

メインの収納部分は開閉口はガバッと開くので小さな子供には出し入れしやすいです。
そして底までしっかり見ることができます。

f:id:okeiko-life:20191103221739p:plain

初め変わった開閉口だったので扱いやすいか心配でしたが、思っていたより開け閉めしやすかったです。

フロント正面にもファスナーポケット。

20191103221653

両サイドのメッシュポケットには500mlのペットボトルが入ります。
長男のリュックにもついていますが、あると便利です。

フロント上部にもファスナーポケット。

20191103221756

ショルダーベルトの余った部分はゴムで留めることが出来るようになっています。
チェストベルトももちろんついており、ベルトにはホイッスルが付いています。

20191103221504 

長女:105㎝

リフレクター(反射素材)が付いているので、夜間も場所を知らせやすくなっています。

もうすぐ5歳になる長女には少し大きいですが、背負えそうです。

20191103221618

次女:93㎝

3歳になった次女はカメの甲羅の様なので、来年あたりには背負えそう(笑)

キーホルダー

同じリュックサックにするということは、誰のリュックサックか区別を付けるのが大変!
目印にキーホルダーを購入することにしました♪

20191103221254

それぞれのイニシャルを。

長男には不用でしたが、ケンカするといけないので購入しました。

 

リュックに付けるとシンプルなので、違和感なし。

20191103221434

素材はアルミなので軽くてさびないです(*^_^*)

おわりに

大人もちろん背負うことができるので、何かと便利そうです。

本当は好きなピンクが良かったかもしれませんが、高学年でも使ってくれそうな柄に。

少し大きいかもしれませんが、長く大切に使ってもらえますように…。

それでは、また~!!!

 

▼ランキング参加中です!応援クリックして頂けると嬉しいです(*^_^*)
クリックして頂くとミニマリストの記事がみれます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村